なりたいと考えたらまずは知っておきたいアレコレ

小児科への転職活動で気を付けておくべきポイント

小児科で働くために

当サイトは看護師の診療科の中でも人気の高い小児科のやりがいや働き方について紹介しているサイトです。小児科で働きたいと考える看護師の方の参考になれば幸いです。

NEW

転職活動時に気を付けるべき注意点

転職活動に関して気を付けなければならないことはいくつかあります。計画性を持って行うことや情報収集に関することなど、知らなければ結果として転職をしなければ良かったと後悔してしまうこともあるかもしれません。人生単位で転職は大きな転換になる可能性も高いので慎重な転職活動をして、転職をして良かったと思える結果にするためにもご参考ください。

転職活動時に気を付けるべき注意点

職場探し

転職活動を始めると最初は計画性を持ってやっているものの、徐々に決まらないことや求人が見つからないことで焦ってきてしまうことがあります。そして情報が不十分なままとりあえずという気持ちで適当な病院に面接をしに行ってしまったりという結果になりがちです。そうした適当な病院とマッチすれば良いですが、やはり十分時間をかけて探した病院の方が圧倒的にマッチングの確率は変わります。
焦って空回りすることがないように募集要項に記載されている給与や金額も、しっかりと計算して基本給だけではなく手当やボーナスなども含めてどれくらいになるのかなどを考えましょう。職場の雰囲気が気になる場合などは、現場に行ってみて待合室の雰囲気を確認してみることもできるはずです。後悔のないように慎重に職場探しを行いましょう。

面接に関して

自分にぴったりの職場をいくつも見つけることができたとしても、そこで働くことができなければ結果的には見つかっていないことと変わりません。少しでも合格率を高めるためにはやはり面接はとても大切です。まずは面接の前に書類審査があるところも多いので履歴書の書き方を気を付けましょう。
履歴書は原則手書きで用意して空白の欄を作らないということを理解しましょう。そしてこの原則を守って用意を始めたら、志望動機の欄と自己PRの欄は特に意識して書きます。学歴や職歴などは間違えないように書くことはもちろんですが、やはり他の人と差がつくところは志望動機と自己PRの欄です。この欄に力を入れて病院にとって自分が入るとどういったメリットがあるのかなどアピールをしましょう。
面接の当日には遅くても10分前には着くようにしておき、できることなら下見をしておくことをおすすめします。そして面接は話す内容だけではなく服装やメイク、持ち物まで全てが審査対象となっていることを意識しましょう。なるべく清潔感のある服装で派手なものは控えましょう。あとは志望動機や前職を辞めた理由など、想定される質問内容を事前に考えておきハキハキと答えられるよう準備しておきましょう。

小児科で働きたい看護師おすすめ!