小児科で働くために

当サイトは看護師の診療科の中でも人気の高い小児科のやりがいや働き方について紹介しているサイトです。小児科で働きたいと考える看護師の方の参考になれば幸いです。

NEW

転職前に自身の適性を確認

看護師の中でも人気の高い小児科の看護師は、子供が好きという理由で新卒看護師が第一志望として選ぶことの多い診療科です。近年では小児専門看護師の能力をさらに伸ばそうと政策にも力が入っているという状況もあり、世間からも脚光を浴びていることもあります。そんな小児科看護師に関する適性についてチェックしてみましょう。

転職前に自身の適性を確認

経験者

小児科では経験者の看護師が好まれる傾向が他の診療科に比べて強いということがいえます。経験者が他の診療科より好まれる理由は小児科は他の診療科よりも医療行為が難しいというところにあります。泣き喚いてしまったり、注射を怖がる患者さんが多いという特徴などもありますし、保護者の方への対応も難しかったりといった現場ですので、経験者の方がよりスムーズに医療行為ができるため小児科を経験していることは強みとなります。

世話好きな性格の人

患者さんが子供であるということから、より手間がかかりますし気を遣う場面も他の診療科よりも多いです。そのため元から世話好きな人であれば小児科に向いているといえます。特に子供は自分の気分によって態度がころころと変わりますので、それに付き合ってあげることも大切です。そして自分の状態をしっかりと説明することが難しいということもあり、看護師の方から相手がして欲しいと思っていることに気づいてあげられることは大切な役割です。

見真似が上手

小児科で扱う医療器具は全体的に子供のサイズに合わせているため小さいものが多いです。そのため、採血などの医療行為は大人相手には上手にこなせる人でも、小児科での医療行為が難しいといわれます。これらは実際に仕事をしていかなければ上達しないこともありますが、子供相手に針を刺し間違えるというのは保護者から見ても苦しいことです。そのため上手な先輩が医療行為を行っているところを見て覚えて真似ができるという人は小児科に向いているということがいえます。

切り替えが早い人

子供ですのでどうしても慣れない場所や慣れないことをされると緊張が高まってしまいます。そして結果的に泣き喚いてしまうということが多いため、自分の子供を泣かせていると理不尽に保護者の人からクレームをつけられてしまうこともあります。こうしたことにいちいちリアクションを取っていると仕事が進みません。そのためこうした状況に関して素直に謝ってイライラせずに次の仕事に切り替えられる人というのは小児科看護師の適性が高いと判断できます。

小児科で働きたい看護師おすすめ!